〒999-7601 山形県鶴岡市藤島字笹花33-1 Tel. 0235-64-2130

Fax. 0235-64-2208

〒999-7601 山形県鶴岡市藤島字笹花33-1

Tel. 0235-64-2130

Fax. 0235-64-2208

「言うは易し、行うは難し」企業の基本5S活動

   

5S活動の成功は、社員が到達点を常に意識し、

目標達成の手段であることを認識することにかかっている

[5S活動とは]

 5S活動の推進などとは、もはや言い尽くされた感じがあるが、これほど簡潔でわかりやすく、効果のでる改善手法はない。この取り組みを進めることで、業務効率を上げ、業務改善を進めることができるのだ。

 5Sとは、「整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清潔(Seiketu)・清掃(Seisou)・躾(Situke)」という各項目の頭文字をとって名付けられたものであり、ご存知のとおり、

「整理」・・・いらないモノを捨てる

「整頓」・・・必要なモノをすぐに使えるようにしておく

「清掃」・・・ゴミを片づけ,きれいにする

「清潔」・・・きれいな状態を保つ

「躾」・・・決められたことを,正しく守る習慣をつける   

といった中身である。

 

[手段としての5S活動]

 「5S活動」は、どのような業種においても、職場規律の維持や業務改善を図る上では、徹底して取り組むべき基本的な活動であると、経営者や管理者であれば十分に分かってはいることであるが、「言うは易し、行うは難し」であることもまたわかりすぎるほどわかっているのだ。

 はじめの整理、整頓、清掃は通常従業員がやるべき業務改善や業務上の無駄を取る手段であり、清潔、しつけについては経営者および管理者が、3Sを通して従業員に対する教育やルール化を行い、継続的な改善のために行動させる経営の手段のこと。

 しかしながら、この活動がイベント的な活動になったり、長続きせずに効果が出る前に挫折してしまったりするケースが多くある。

 以前、自分が従業員であった時も、何のためにやっているのか、と感じたこともあり、実際にQC活動の目標に5S活動の推進などと掲げたこともある。これでは続かないのも今ではよくわかる。5S活動はあくまで企業活動の目的や業務改善の目標達成のための手段である。5S活動が目的となっていれば、見た目のきれいさに終始してしまうため企業活動の集大成、業績改善の結果に行きつく前に挫折してしまうのだ。

 

[5S活動の到達点]

 「なぜ5Sが必要なのか」を従業員に浸透させ、3Sは目的ではなく、業務改善の手段であり、自分の行う業務が企業活動のどこに繋がり、貢献しているのかが、常に意識できるようにしなければならない。そして、経営者、管理者はそれが理解できる、意識できる教育、ルール、仕組み作りを、行わなければならないのだ。

 5S活動の到達点はどこなのか?何のために5S活動を行っているのか?

 お客様の満足、そして感動する商品、サービスを提供し、お客様、地域に信頼される企業となっていくことが企業活動の集大成、成果であり到達点であることを常に意識することができれば、どんな活動もシステムの運用も成功と言えるのではないだろうか。

 継続的改善のためには、PDCAサイクルの定期的なチェックが必ず必要となるが、そのチェックに、時々第三者の目、商工会を活用してみてはどうだろうか。

p2%e5%b7%a5%e5%a0%b4%e5%86%85%e9%83%a81製造現場支援①

金属探知機通過前製品、通過後製品がコンテナの色で識別されています。コンテナの色の説明が示してあると通過前、通過後製品の取り間違い防止になります。

p%ef%bc%92%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e5%86%85%e9%83%a82

 

 

製造現場支援②

備品が見えやすいケースに入れられ整頓されています。備品名、数量の表示により使用間違い、異物混入対策が更に強化されます。

 

 

 

 

 

 

出羽商工会経営指導員 孫谷志保

PROFILE

 平成25年4月出羽商工会経営指導員として採用。経営計画策定支援、金融支援、記帳継続支援、そして、食品製造業での勤務経験とIRCA登録食品安全審査員補、CEAR登録環境審査員補の資格を活かし、製造現場の支援にも意欲的に取り組んでいる。

 

 - 支援実績